後悔しない!一人暮らしの引っ越し料金が安い業者を探す方法

引っ越し業者

「できるだけ安く引っ越せる業者はどこ?」
「料金が安い引っ越し業者を探す方法が知りたい」

ヒロセ
ヒロセ

こんにちは!単身赴任パパこと“ヒロセユウヤ”です。

一人暮らしをするときには新居の契約などで、何かとお金がかかります。

だからこそ「できるだけ安く引っ越したい!」と考えるのは、当たり前!

特に引っ越し業者を利用するとなると、どうしてもお金がかかってしまいますが、、、実は業者ごとに、料金が大きく異なることを知っていますか?

選ぶ業者によっては、何万円も損をすることも・・・。

そのため、安く引っ越したいのであれば「業者の選び方」が、とっても大事!

このページでは安い引っ越し業者の探し方を解説します。少しでも安く引っ越したい方は、ぜひ参考にしてくださいね♪

今すぐ安い業者を探す方法を知りたい方はこちら(ページ下部へ移動します)>>>

引っ越し業者ごとで料金は全然違う

一人暮らしに向けて、安く引っ越したいのであれば「どの引っ越し業者を利用するか?」が、とっても大事!

なぜなら、引っ越し業者ごとに、料金が大きく異なるからです。

同じ引っ越し内容(荷物量・移動距離など)であっても、利用する業者によって数千円〜数万円ほど料金に差が出ることは珍しくありません。

具体的に、引っ越し業者は料金を以下の3つの内容で決めています。

今後も役立つ知識なので、それぞれを簡単に解説しますね。

  • 基準運賃・料金
    荷物量(=トラックのサイズ)・移動距離・作業時間に応じて、各業者が定めている料金のこと。国土交通省がモデルとなる料金を示しており、それを参考にして、業者ごとで価格設定がされています。「時間制」と「距離制」の2つの料金体系があります。
  • 実費
    人件費(作業員にかかる費用)・ダンボールなどの梱包資材料・有料道路料(高速道路・フェリー代など)など実際にかかる費用のこと。
  • 付帯サービス料
    荷造り、荷解き、不用品処分、エアコンの着脱、ピアノの郵送・調律、ペットの移動などを依頼する場合にかかる費用のこと。自社内で対応できず、他社に外注する場合は、料金が高くなりやすいです。

これら3つの内容によって引っ越しの料金は決まります。

ここで大事なのは「それぞれの料金を業者ごとが決めている」ということ。

そのため、各業者は得意な分野の料金を安く、苦手な分野を高くしているので、同じ引っ越し内容でも業者ごとで料金が異なるんです。

例えば、大型のトラックを複数台持ち、全国に拠点があるような大手の業者であれば、荷物量が多く、遠距離の引っ越しを安くしています。

一方で、大型のトラックは持っていないものの、地元での引っ越しに強みがある業者であれば、荷物量が少なく、近距離の引っ越しを安くしているんです。

他にもアルバイトにかかる人件費も会社の規模や、地域によって異なりますからね。

ヒロセ
ヒロセ

必ずしも大手業者が安いとは限りません!あなたが知らない地域密着の業者の方が安く引っ越せるケースも多いんですよ♪

このような様々な要因が絡み合っているからこそ、安く引っ越しをするときには「どの業者を選ぶか?」というのが大事いうわけです!

なお、引っ越しの料金の仕組みについては以下のページで詳しく解説しているので参考にしてください。

引っ越し業者の料金の決め方を徹底分析!そこからわかる値下げ方法とは?
引っ越し業者が「基準運賃・料金」「実費」「付帯サービス料(オプションサービス)」の3つのポイントから料金を決めていることがほとんどです。この仕組みを理解することで、料金を安くする方法や値引き交渉をするときのコツがわかりますよ!

引っ越す時期や時間帯などでも料金は変わる!

ちなみに引っ越しの料金は「時期」や「作業をしてもらう時間帯」でも変わります。

特に繁忙期と呼ばれる3〜4月までの期間は、引っ越しラッシュのため、業者は通常よりも料金を高くなる傾向があることを知っておいてください。

というのも、繁忙期は引っ越し業者に予約が殺到するため、料金を高くしても仕事を受注することができるからです。

むしろ、敢えて料金を高くすることで、申込を断っている業者もいるほど・・・。

逆に言えば、繁忙期を避ければ、安い料金で引っ越せるということ。

ですので、引っ越しの時期や時間帯を自由に選べる方は、予約が込みやすい時期・時間帯を避けることをオススメしますよ♪

なお、時期ごとの料金相場については以下のページで解説をしていますので参考に!

時期別(繁忙期・通常期)の単身・一人暮らしの引っ越し料金相場
引っ越し業界には「繁忙期」と「通常期」の2つの時期があり、どちらの時期に引っ越すかで料金は大きく異なります。このページでは時期別の料金相場を紹介するとともに、どうすれば料金を安く抑えられるのかを解説しますので参考にしてください!

荷物量が少なく、移動距離が短いなら単身パックが安い

先ほど、引っ越しの料金がどのように決まるのかを解説しました。

では、具体的に一人暮らしのために単身で引っ越しをするときには、どのように業者を選べば良いのか?

もし、あなたが運びたい荷物が少ない&大型の家具・家電がない場合は「単身パック」が使える業者を選ぶことをオススメします。

単身パックとは「決まったサイズのコンテナボックスに荷物を入れて、他の人の荷物と一緒に運んでもらうサービス」のこと。

コンテナボックスに収まる荷物量・サイズしか運べませんが、他の人とトラックを共有して運んでもらえるので、安い料金で引っ越せます。

ヒロセ
ヒロセ

単身・一人暮らしの引っ越しでは安く引っ越せる単身パックが大人気ですよ!

ちなみにコンテナボックスとは以下のようなもの。


※参照:https://www.008008.jp/moving/single/

ちなみに単身パックという名称以外に「単身引っ越しサービスパック」「小口便引っ越しサービス」などの名前でサービス提供がされています。

このサービスの特徴としては、以下の通り。

  • とにかく料金が安い!
  • 運べる荷物量はコンテナサイズに積める分まで
  • 集荷・届け先の地域が限定されていることが多い
  • 基本的に訪問見積もりはなし
  • 梱包資材(ダンボールなど)の無料提供もなし
  • オプションサービスが使えない
  • 荷物の集荷・到着で細かな時間指定ができない
  • 基本的に新居への荷物の配達は翌日移行

このような特徴があることを知っておくと良いですよ。

何よりも注目すべきが「料金が安い」ということ。

単身パックは運べる荷物量に制限がありますが、普通に引っ越しをするよりもはるかに安い料金で引っ越せます

具体的に普通に引っ越す場合と、単身パックを使ったときの料金相場は以下の通り。

移動距離 単身引越しの相場 単身パックの相場 差額
~15km未満
(同市区町村程度)
20,000円〜 15,000円〜 −5,000円
~50km未満
(同都道府県程度)
21,600円〜 18,000円〜 −3,600円
~200km未満
(同一地方程度)
30,000円〜 21,000円〜 −9,000円
~500km未満
(近隣地方程度)
43,100円〜 24,000円〜 −19,100円
500km以上
(遠距離地方程度)
54,000円〜 26,000円〜 −28,000円

参考:https://hikkoshizamurai.jp/plan/single-pack/

このように単身パックを使う方が、明らかに安く引っ越せるんです♪

具体的に単身パックを提供している業者と、サービス内容は次の通り。

会社名 サービス名 料金 横幅×奥行×高さ(cm)
日本通運 単身パックS 16,000円~ 108×74×155
単身パックL 18,000円~ 108×104×175
単身パック積んでみる1.5㎥ 17,000円~ 100×100×150
クロネコヤマト 単身引越サービス(mini) 11,000円~ 104×104×130
サカイ引越センター 小口便引越サービス 要問合せ 105×75×144
佐川急便 カーゴプラン 17,850円~ 100×75×145
西濃運輸 カンガルー単身MAX+1 41,040円~ 115×128×170
プロスタッフ 単身引越しパック 15,000円~ 大物家具4点+小物20点

このなかでも特にオススメは日本通運の「単身パックS・L」です。

あなたの荷物量に応じて、2タイプの単身パックから好きな方を選べるので、使いやすいというメリットがあります。

具体的にこの単身パックS・Lで運べる荷物の目安は以下の通り。

単身パックS 単身パックL
荷物量の目安 ・冷蔵庫(2ドア・109リットル)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・姿見
・布団
・日通ダンボールMサイズ4個
・冷蔵庫(2ドア・109リットル)
・洗濯機(4キログラム)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・衣装ケース(39×53×23cm)
・姿見
・布団
・日通ダンボールMサイズ5個

このように単身・一人暮らしの引っ越しでは十分な荷物を運ぶことができるんですよ♪

ちなみに料金だけで考えるとクロネコヤマトの「単身引越サービス(mini)」も良さそうですが・・・荷物を集荷・配達してもらえる地域が限られているので気をつけてくださいね。

ヒロセ
ヒロセ

単身パックを利用するときには、料金や運べる荷物量だけでなく、対応地域も確認しておくことが大切ですよ!

以上のように、荷物が少ない方や大型の家具・家電がない方には、単身パックがオススメ!

・・・とは言え「荷物量が多いから単身パックのコンテナボックスに収まらない」「単身パックに収まる荷物量かわからない」という方もいるはず。

次の章では、単身パックが使えない(かもしれない)方が、どのように安い引っ越し業者を探せば良いのかを解説します♪

単身パックに納まらない場合は複数の業者から見積もりを取ろう

では、単身パックに収まらない荷物量を運びたい方や、自分の荷物が単身パックに収まるかがわからない方は、どうすれば良いのか?

そのような場合は、複数の引っ越し業者から見積もりを取ってください!

先ほどもお伝えしたように、引っ越し業者ごとで得意分野は異なり、料金は大きく異なります。

そこで複数の業者から見積もりを取ることで、どの業者がいくらでやってくれるかを簡単に調べることができ、安く引っ越せるんです。

また各業者に見積もり依頼をするときに、荷物量を登録すれば、単身パックで引っ越すことができるのかも確認することができます。

そのため、単身・一人暮らしの引っ越しをするときには、複数の業者から見積もりを取るのが鉄則であることを知っておいてくださいね♪

ヒロセ
ヒロセ

複数の業者から見積もりを取ると、その料金の違いに驚きますよ!

一括見積もりサービスを使えば、簡単に見積もりが集められる

単身の引っ越しをするときには、複数の業者から見積もりを取ることで、安く引っ越しができる業者を探すことができます。

ただし、1社1社に見積もり依頼をするのは、かなり大変・・・。

というのも、引っ越し業者に見積もり請求をするときには、氏名・連絡先・現住所・新住所・荷物量などを登録しなければいけません。

これらの情報を1社1社登録していくのには、どうしても手間と時間がかかります(涙)

そこで複数の業者に見積もり請求をするときには「一括見積もりサービス」を利用することをオススメします!

一括見積りサービスとは「あなたの引っ越し情報を1回登録するだけで、10〜15社に対して見積もり請求ができるサービス」のこと。

代表的なサービスとして「引越し侍」「SUUMO」「引っ越しの達人」などがあります。

どのサービスも1回5〜10分ほどで登録できるので、かなり効率的に見積もりを集められるんですよ♪

ちなみに、一括見積もりサービスへの登録後には、各業者からメールや電話で概算見積もりを教えてもらえるので、それを踏まえて業者を絞り込んでください。

見積もり請求から業者を決めるまでの具体的な流れは以下の通り。

  1. 一括見積もりサービスに登録する
  2. 登録完了後、業者から概算見積もりの連絡がくる
  3. 概算見積もりを比べて、安い業者を3〜4社まで絞り込む
  4. 絞り込んだ業者に訪問見積もりをしてもらい、正式な金額を教えてもらう
  5. 正式な金額を比べて、依頼する業者を決める

このような手順で進めれば、簡単に料金が安い業者を探せるんですよ!

一括見積もりサービスなら「引越し侍」がイチオシ!

一括見積もりサービスにも色々なものがありますが、、、少しでも安い業者を探すのであれば、管理人は「引越し侍」をオススメします!

引越し侍には、大手業者から地域密着の業者まで、全国310社以上が登録されており、1回の登録で最大10社から見積もりを送ってもらえます。

ちなみに、この登録社数は他の一括見積もりサービスと比べても多く、料金が安い業者を見つけやすくなっているんです。

実際、これまで引越し侍は4,525万件以上の方に利用されています。

なかには業者同士の料金を比べたことで、最大で50%OFFとなったケースも!

ヒロセ
ヒロセ

引越し侍は無料で使えるので、使って損をすることはありません♪

このように引越し侍は、安い業者を探したいときには鉄板と言えるほど、大人気のサービスです。業者選びに悩んでいる方は、ぜひ一度お試しくださいね。

引越し侍 公式サイトへ

訪問見積もりのタイミングで、値下げ交渉をしよう!

複数の業者から見積もりを集めたら、あとは料金が安い業者を選んで終わり・・・と考えていた方、ちょっと待ってください!

見積もりを集めたあとには、3〜4社ほどに訪問見積もりをしてもらうことが大切です。

訪問見積もりとは、引っ越し業者に自宅まで来てもらい、自宅の周辺情報や荷物量などを直接見てもらうことで、正式な金額を出してもらうこと

単身パックを利用するときには訪問見積もりは受けなくても良いですが、単身パックを使わない場合は、訪問見積もりをしてもらうのは必須です!

なかには「えぇ〜訪問見積もりをしてもらうなんて、めんどうだな・・・」と思う方もいるかもしれません。

ただ、訪問見積もりを受けることで、さらに料金を安くできたり、引っ越し当日のトラブルを防げたりするなど、様々なメリットがあるんです。

具体的には次の4つのメリットがあります。

  1. 直接荷物を見てもらうことで、正確な料金がわかる
  2. 引っ越し当日に追加料金が発生するトラブルを防げる
  3. 業者(スタッフ)の対応を知れる
  4. 複数の業者にしてもらうことで、値下げ交渉も可能

このなかでも大事なのが「複数の業者に訪問見積もりをしてもらうことで、値下げ交渉が可能」というポイントです。

実は、安く引っ越したいのであれば、訪問見積もりでの値下げ交渉をするのが超重要!

というのも、引っ越し業者としてはなんとしてでも仕事を受注したいので、あなたの値下げ交渉に対して、積極的に応じてくれるんです。

しかも、他の業者からも訪問見積もりをしてもらう予定があることを伝えると、引っ越し業者同士が競って値下げをしてくれるので、かなり料金は安くなります♪

ヒロセ
ヒロセ

3〜4社に訪問見積もりをというのがポイント!3社以上の業者で競わせることで、料金はグッと安くなるんですよ!

実際、管理人は訪問見積もりのタイミングで、業者側から「いくらにしたら、発注してくれますか?」「他社さんよりも○○円までなら安くできます」などと、提案してもらったことも。

このように引っ越し代を安くするためにも、3〜4社から訪問見積もりを受けて、値下げ交渉をすることをオススメしますよ!

訪問見積もりでは即決しないように要注意!

ここで1つ気を付けて欲しいのが、訪問見積もりのタイミングで、ほとんどの業者が「この場で契約してくれたら、○○円まで値下げします!」と即決を求めてくるということ。

パッと聞くと「この場で決めた方がお得なのでは?」と思うかもしれません。

ヒロセ
ヒロセ

私の目の前で「今契約をしてもらえるなら、○○円まで料金を下げるのを許してほしい」と上司に電話をする営業マンもいました(苦笑)

ただし、まだ他の業者から訪問見積もりを受ける予定があるときには、全ての業者に訪問見積もりをしてもらうまでは、契約をしないことが鉄則!

これは1社目よりも2社目、2社目よりも3社目のほうが、、、というように、あとから訪問見積もりに来る業者は、前に来た業者よりも安い料金を提示しようとするから。

実際に訪問見積もりにきた営業マンは「他の業者さんはいくらでしたか?」「うちがそれよりも安くしたら決めてくれますか?」と普通に聞いてきます。

そのため、1社目で契約を決めてしまうと、それ以降の業者が安い料金になるチャンスを見捨てることになるんです・・・。

ちなみに、その場で決めなくても、後日「訪問見積もりで言っていた料金でできますか?」と交渉すれば、大体引き受けてくれるので安心を!

全ての業者に訪問見積もりをしてもらった上で、契約する業者を決めることが大切ですよ♪

なお、訪問見積もりや値下げ交渉については以下のページで詳しく解説していますので、こちらも是非チェックしてくださいね。

訪問見積もりの流れと料金を安くする方法
引っ越し業者を利用するときには、訪問見積もりを受けることになります。訪問見積もりはあなたが運びたい荷物を直接見てもらうことで、正確な料金を知れるだけでなく、その場で値切り交渉ができる最大のチャンスでもあります。このページでは訪問見積もりについて詳しく解説します。

このページのおさらい♪

このページでは料金が安い引っ越し業者の選び方を解説しました。いかがでしたでしょうか?

大事なポイントをおさらいすると、、、

  • 安く引っ越すには業者選びが大切
  • 引っ越しの料金は「基準運賃金×実費×オプション代」で決まる
  • 同じ引っ越し内容でも業者ごとで料金は大きく変わる
  • 荷物量が少ない方は単身パックがある業者がオススメ
  • 単身パックに収まらない場合は、複数の業者から見積もりを取るべし!
  • 一括見積もりサービスを使うと、簡単に複数の業者から見積もり請求ができる
  • 訪問見積もりで値下げ交渉をすれば、さらに安くなる!

これらのポイントを抑えておけば、料金が安い引っ越し業者を探せますよ!

最初にもお伝えしましたが、一人暮らしを始めるときには何かとお金がかかるもの。

引っ越し料金をできるだけ安く抑えることで、新生活に回せるお金を増やし、より快適な一人暮らしをスタートさせてくださいね♪

最大50%OFF!引っ越し料金を安くしたいなら「引っ越し侍」

引っ越すときに最優先でやるべきなのが、引っ越し業者の予約です。

実は・・・同じ引っ越し内容でも業者によって料金は全然違うので、少しだけ時間をかけて料金を比べれば、簡単に引っ越し代を安くできます♪

・・・とはいえ、仕事やプライベート、引っ越し準備などで、複数の業者に見積もりを取る時間が作れないという方も多いはず。。。

そのような方には一括見積もりサービスの「引越し侍」がオススメ!

引越し侍には、大手業者から地域密着の業者まで全国310社以上の会社が登録されており、一度の登録で最大10社から無料で見積もりを取り寄せられます。

実際、これまでに引越し侍を利用した方は、なんと4,525万件!

なかには最大50%も料金が安くなったケースもあるんです。

引っ越し業者から見積もりを取るときには鉄板と言えるほど、大人気のサービスですので、これから引っ越し業者を探す方は、ぜひ利用することをオススメします♪

引越し侍 公式サイトへ

引っ越し業者からの電話が嫌なら「SUUMO引越し見積もり」

一括見積もりサービスの登録後には、引っ越し業者から電話がかかってきます。

ただ、なかには業者から電話をかけて欲しくない方や、メールで見積もりが欲しい方もいるはず。

そのような方には「SUUMO引越し見積もり」がオススメです。


SUUMO引越し見積もりは、人気の引っ越し業者に一括で見積もり請求ができるんですが、、、電話番号の登録が「任意」となっています。

そのため、一括見積もりサービスの登録後に、引っ越し業者から電話がかかってきて欲しくない方にはイチオシのサービスですよ♪

SUUMO引越し見積もり 公式サイトへ

最大50%OFF!引っ越し料金を安くしたいなら「引っ越し侍」

引っ越すときに最優先でやるべきなのが、引っ越し業者の予約です。

実は・・・同じ引っ越し内容でも業者によって料金は全然違うので、少しだけ時間をかけて料金を比べれば、簡単に引っ越し代を安くできます♪

・・・とはいえ、仕事やプライベート、引っ越し準備などで、複数の業者に見積もりを取る時間が作れないという方も多いはず。。。

そのような方には一括見積もりサービスの「引越し侍」がオススメ!

引越し侍には、大手業者から地域密着の業者まで全国310社以上の会社が登録されており、一度の登録で最大10社から無料で見積もりを取り寄せられます。

実際、これまでに引越し侍を利用した方は、なんと4,525万件!

なかには最大50%も料金が安くなったケースもあるんです。

引っ越し業者から見積もりを取るときには鉄板と言えるほど、大人気のサービスですので、これから引っ越し業者を探す方は、ぜひ利用することをオススメします♪

引越し侍 公式サイトへ

引っ越し業者からの電話が嫌なら「SUUMO引越し見積もり」

一括見積もりサービスの登録後には、引っ越し業者から電話がかかってきます。

ただ、なかには業者から電話をかけて欲しくない方や、メールで見積もりが欲しい方もいるはず。

そのような方には「SUUMO引越し見積もり」がオススメです。


SUUMO引越し見積もりは、人気の引っ越し業者に一括で見積もり請求ができるんですが、、、電話番号の登録が「任意」となっています。

そのため、一括見積もりサービスの登録後に、引っ越し業者から電話がかかってきて欲しくない方にはイチオシのサービスですよ♪

SUUMO引越し見積もり 公式サイトへ

引っ越し業者
シェアする
ヒロセユウヤをフォローする
【単身・一人暮らし向け】引っ越しのトリセツ