時期別(繁忙期・通常期)の単身・一人暮らしの引っ越し料金相場

引っ越し業者

「いつ引っ越しをすると料金が安いの?」
「繁忙期(3〜4月)は、どれくらい料金が高いのか知りたい」

ヒロセ
ヒロセ

こんにちは!単身赴任パパこと“ヒロセユウヤ”です。

引っ越すときに気になるのが料金相場ですよね?

実は同じ荷物量、移動距離でも引っ越しをする時期によって、料金は大きく異なります

そのため「いつ引っ越しをするのか?」というのは、とっても大事!

時期別の料金相場を知らずに、引っ越すタイミングを決めると、同じ引っ越し内容(移動距離・荷物量)にも関わらず、数万円を損することも・・・。

このページでは単身で引っ越すときの、時期別の料金相場を解説します。

引っ越し業界では2つの時期に分けられる

引っ越し業界では大きく2つの時期に分けられます。
具体的には次の2つ。

  • 繁忙期(3〜4月)
  • 通常期(5〜2月)

まず、繁忙期とは「引っ越す人が集中する3〜4月」のこと。

この時期は進学・就職・転勤などを理由に引っ越しをする人が多く、引っ越し業者にとっては一番の稼ぎ時になっているんです。

最近では、繁忙期に引っ越せない「引っ越し難民」と呼ばれる人がニュースになるほど、引っ越し業者への予約が殺到する時期になっています。

そのため、繁忙期は引っ越し業者が値引きをしなくても契約が取れるので、料金相場が高くなる傾向があるんですよ!

ヒロセ
ヒロセ

なかには申し込みを断るために、あえて高い見積もりを出して、お客さん側に断られるようにしている業者もあるそうです・・・。

一方で、通常期とは「繁忙期よりも引っ越し件数が少ない5月〜2月まで」のこと。

繁忙期とは異なり、この時期は値下げをしなければ、他社に契約を取られてしまう可能性が高いため、どの業者も値下げ交渉に応じてくれる特徴があります。

このように引っ越しをする時期によって、引っ越し業者の忙しさが異なり、料金相場にも大きな違いが生じていることを知っておいてくださいね。

時期別の料金相場

では、単身で引っ越すときに目安となる時期別の料金相場を紹介します。

具体的には以下の通りです。

繁忙期(3〜4月)の料金相場

荷物小 荷物大
全平均 平均51,479円 平均74,430円
~15km未満
(同市区町村程度)
平均41,643円 平均58,037円
~50km未満
(同都道府県程度)
平均47,046円 平均62,733円
~200km未満
(同一地方程度)
平均50,640円 平均82,151円
~500km未満
(近隣地方程度)
平均57,666円 平均95,646円
500km以上
(遠距離地方程度)
平均68,640円 平均117,857円

通常期(5〜2月)の料金相場

荷物小 荷物大
全平均 平均43,764円 平均56,964円
~15km未満
(同市区町村程度)
平均36,173円 平均48,058円
~50km未満
(同都道府県程度)
平均38,465円 平均49,406円
~200km未満
(同一地方程度)
平均45,796円 平均64,756円
~500km未満
(近隣地方程度)
平均54,951円 平均80,103円
500km以上
(遠距離地方程度)
平均64,519円 平均99,350円

参考:SUUMO(https://hikkoshi.suumo.jp/soba/)

このように繁忙期(3〜4月)に関しては、通常期と比べても料金が高いです。

進学・就職・転勤などではなく、自分で自由に引っ越すタイミングを決められるのであれば、繁忙期を避けることで料金を安く抑えられますよ!

ヒロセ
ヒロセ

引っ越す時期で、料金が1〜3万円ほど違うのは大きいですよね。

ちなみに、上記の表にある荷物量は、業者が使用するトラックの種類が目安です。詳しくは以下の通り。

  • 荷物小:軽トラック(5~5.5m3 程度)
  • 荷物大:1.5トン〜2トントラック(約10~11m3 程度)

どれだけの荷物を運べるかは、以下のページで詳しく解説してます。参考にしてくださいね。

単身・一人暮らしで引っ越しをするときの料金相場は?料金を安くするコツも紹介!
「引っ越し業者は、どれくらいお金がかかるの?」 「引っ越しにかかる料金相場を教えて」 引っ越し業者を利用するとき...

単身パックでも繁忙期は料金が高くなる

先ほど紹介したのは、通常の引っ越しプラン(=普通にトラックを貸し切っての引っ越し)での料金相場となっています。

ただ、あなたが運びたい荷物が少ないのであれば「単身パック」を利用するのがオススメです!

単身パックとは「決められたサイズのコンテナボックスに荷物を積んで、他の人の荷物と一緒に運んでもらうサービス」のこと。

運べる荷物量に制限があるものの、低料金で引っ越しができることから、単身で引っ越す方から人気の高いサービスになっていますよ。

代表的な業者のサービス・料金をまとめたのが次の表です。

会社名 サービス名 料金 横幅×奥行×高さ(cm)
日本通運 単身パックS 16,000円~ 108×74×155
単身パックL 18,000円~ 108×104×175
単身パック積んでみる1.5㎥ 17,000円~ 100×100×150
クロネコヤマト 単身引越サービス(mini) 11,000円~ 104×104×130
サカイ引越センター 小口便引越サービス 要問合せ 105×75×144
佐川急便 カーゴプラン 17,850円~ 100×75×145
プロスタッフ 単身引越しパック 15,000円~ 大物家具4点+小物20点

※料金はコンテナボックス1個あたりの最小価格。

このように単身パックを利用することで、普通に引っ越すときと比べて、かなり安い料金で引っ越せますよ♪

ただし!単身パックを利用する場合でも、繁忙期は料金が割増されるので要注意!

例えば、日本通運では3/16~4/15までの期間に単身パックを利用する場合、1ボックスあたり5,000円(税抜)の割増料金がかかります。

ヒロセ
ヒロセ

集荷・配達の両方、及びどちらか一方が期間内に入っていると割増料金になるんですよ。。。

またヤマトホームコンビニエンスでも3/1~4/10までの期間で単身パックを利用すると、こちらも1ボックスあたり5,000円(税抜)が加算されるんです。

プラス5,000円は、結構な割増ですよね・・・(涙)

さらに、ヤマトホームコンビニエンスでは3/1〜4/10までで単身パックを利用するときには、フリー便(搬出・搬入時間が業者指定となる)のみの取り扱いとなります。

このように単身パックを利用する場合でも、繁忙期には割増料金がかかったり、配達・配送時間に制限がかかったりするんです。

あなたが「単身パックなら安く引っ越せるでしょ♪」と考えていても、繁忙期には思っている以上にお金がかかってしまうこともあるので、十分気をつけてくださいね。

繁忙期に引っ越すときの3つのアドバイス!

ここまで解説したように、繁忙期に引っ越し業者を利用する場合は、業者の料金が高く、かつ業者の予約をするのも大変になります。

そこで、繁忙期に引っ越しをする方は次の3つを意識してください。

  • できるだけ早く引っ越し業者に予約をする
  • 引っ越し日は平日を狙う
  • 近距離なら自力で引っ越すのもあり!

それぞれについて簡単に解説しますね。

できるだけ早く引っ越し業者に予約をする

まず、繁忙期に引っ越すのであれば、できるだけ早く業者に予約をすること大事。

予約が遅れてしまうと、あなたが希望する日・時間に引っ越せないだけでなく、最悪の場合、引っ越し難民になってしまうことも・・・。

進学・就職・転勤など繁忙期に引っ越すときには、新居が決まったら、すぐにでも引っ越し業者を予約してください

ちなみに、引っ越し業者ごとで予約できるタイミングは若干異なります。

代表的な引っ越し業者は以下の通り。

会社名 予約タイミング
日本通運 2ヶ月前から見積もり依頼が可能
サカイ引越センター 2ヶ月前から見積もり依頼が可能
アート引越センター 3ヶ月前から予約が可能
ヤマトコンビニエンス 1ヶ月前から申込みが可能
アリさんマークの引越社 3ヶ月前から予約が可能
ハート引越センター 確認中

このように、早い業者だと2〜3ヶ月前から予約ができますよ。

ヒロセ
ヒロセ

通常期は1ヶ月前でも十分ですが、繁忙期はできるだけ早く、引っ越し業者を予約することが大切ですよ!

繁忙期で引っ越し難民にならないためにも、新居が決まったら、最優先で引っ越し業者の予約ができるように動いてくださいね!

引っ越し日は平日を狙う

繁忙期のなかでも、特に業者への予約が殺到する時期があります。

国土交通省から発表されている「2021年引越混雑予想カレンダー」は以下の通り。


参照:https://www.jta.or.jp/yuso/hikkoshi/spring2021/flyer.pdf

このように繁忙期のなかでも「3月中旬〜4月上旬+土日」というのは、引っ越し業者の予約が殺到します。

もちろん、この時期は値下げをしてもらえず、料金も高くなりがち・・・。

ただ、繁忙期であっても平日であれば、多少は予約がしやすく、わずかですが料金を値下げしてもらえることもあります

ですので、予定を調整できるのであれば、平日を狙うのがオススメですよ!

ちなみに平日のなかでも「六曜」を意識することで、さらに予約が取りやすく、料金も安くなりやすいと言われています。

六曜とは、その日の運勢を示すもので「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の6つがあります。

ヒロセ
ヒロセ

大安や仏滅という言葉を、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

このなかで「仏滅」と「赤口」は縁起が悪いと考えられており、この2つに当てはまる日には引っ越しを避ける方もいるほど。

そのため、あえて「仏滅」や「赤口」を選ぶことで、安く引っ越しをすることができる!と紹介しているサイトもあります。

が・・・個人的には、わざわざ縁起の悪い日に引っ越すのはオススメしません

もちろん、「言い伝えなんて気にしない」という方であれば、仏滅や赤口に引っ越しても良いですが、「縁起が悪い日は安く引っ越せる!」とオススメすべきものではないですからね(苦笑)

近距離なら自力で引っ越すのもあり!

近距離の引っ越しであれば、自力でやるのもありです。

自力で引っ越す方法としては、自家用車かレンタカーなどで、新居まで荷物を運ぶのが一般的。

この方法により、繁忙期であっても、ほぼ確実に希望日に引っ越せます

ただし、自力で引っ越しをするときには以下の5つに注意してください。

  • 近距離の引っ越しにオススメ
    中・遠距離だと「荷物の搬出→運転→荷物の搬入→レンタカーの返却」と、かなり作業負担が大きいです。そのため、近距離の引っ越しに向いている方法と言えます。
  • 梱包資材は自分で用意する必要がある
    梱包資材(ダンボール)も自分で用意する必要があります。ホームセンターやネットショップなどで購入する場合は、まぁまぁな金額がかかります(涙)
  • 大型の家具・家電が運べないことも
    車のサイズによっては、大型の家具・家電を積めないケースもあるので要注意。ファミリーサイズの冷蔵庫など、大型の家具・家電を搬出・搬入するのは、かなり大変です。
  • 部屋・荷物の破損は自己責任
    作業中に荷物を落として壊したり、部屋の壁や床を傷つけたりしても、全て自己責任となります。部屋の破損は弁償しなければいけません。。。
  • 業者よりも料金が高くなるケースも
    自力で引っ越すときにはレンタカー代・ガソリン代・梱包資材代・友人への謝礼などのお金がかかります。業者よりも高くなることもあるので要注意です。

自力で引っ越すときには、このようなことに気をつけることをオススメします!

なお、レンタカーでの引っ越し方法・料金については、以下のページで詳しく解説しているので、参考にしてくださいね。

レンタカーで一人暮らしの引っ越しをする方法・注意点
レンタカーを利用して一人暮らし・単身で引っ越しをする方法を解説。近距離での引っ越しはレンタカーを利用すると安く引っ越すことができます。ただし、レンタル代金だけでなく、乗り捨て料などもかかるので、事前に料金をしっかり計算しておくのがオススメ!

以上が、繁忙期に引っ越しをする方が意識して欲しいことになります。

繁忙期でも通常期でも料金を安くできる3つの方法

最後に、繁忙期でも通常期でも使える「引っ越しの料金を安くする3つの方法」を紹介します。

具体的には次の3つです。

  • 荷物量を減らす
    荷物量を減らすことでトラックのサイズや作業スタッフを抑えることができ、料金は安くなります。不用品はできるだけ処分し、大きな家具・家電は引っ越し先で購入するなど、荷物量を減らすのがオススメです。
  • フリー便 or 午後便を利用する
    引っ越しは午前中に作業をしてもらうと高くなります。料金を安くするには、作業時間を業者に任せる「フリー便」や、午後〜夕方で作業をしてもらう「午後便」を利用するのがオススメです。
  • 複数の業者から見積もりを取る
    引っ越し代を安く抑えるときには、複数の業者から見積もりを取り、料金を比べることが鉄則!業者同士で料金を競わせることで、さらなる値下げもできますよ♪

以上の3つの方法により、料金を安くすることができます。

特に「複数の業者から見積もりを取ること」は、とっても大事!

実は同じ引っ越し内容(荷物量・移動距離・時期など)でも、引っ越し業者ごとに料金は大きく異なります

これは業者ごとに得意分野が異なり、得意な分野は料金を安く、苦手な分野は料金が高くなるように価格設定をしているから。

つまり、あなたの引っ越し内容を得意とする業者を見つけることができれば、簡単に安い料金で引っ越しをすることができるんです。

ヒロセ
ヒロセ

同じ引っ越し内容でも、引っ越し業者ごとで数千円〜数万円ほど料金が異なるケースは珍しくありません。

そのため、引っ越しの料金を安くしたいのであれば、複数の業者から見積もりを取り、あなたの引っ越し内容を得意とする業者を見つけるのが鉄則!

ただし、、、複数の業者に対して、1社1社見積もり依頼をするとなると、どうしても手間も時間もかかってしまいます。。。正直、2社ほどで辞めたくなります(苦笑)

そのため、複数の業者から見積もりを取るときには「一括見積もりサービス」を利用するのがオススメです。

一括見積もりサービスとは「あなたの引っ越し情報(氏名・住所・新居の住所・荷物量など)を1回登録するだけで、7〜10社ほどの業者に見積もり請求ができるサービス」のこと。

例えば、一括見積もりサービスで有名な「引越し侍」には、大手業者から地域密着の業者まで、全国310社以上の業者が登録されており、1度の登録で最大10社から見積もりを送ってもらえるんです。

あとは、一括見積もりサービスを利用することで、あなたが名前を知らない地域密着の業者からも見積もりをもらえるので、より料金が安い業者を探せるのも大きなメリットと言えます。

ですので、少しでも引っ越し代を安くしたい方は、一括見積もりサービスを利用して、複数の業者から見積もりを取り、料金を比べるのがオススメですよ!

なお、複数の業者から見積もりを取る方法や、一括見積もりサービスについては以下のページで詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

複数の業者から見積もりを取り、簡単に料金を安くする方法を解説!
引っ越し料金を安くしたいときには、複数の業者から見積もりを取り、料金を比べることが鉄則!業者ごとで得意分野が異なるため、あなたの引っ越し内容によって、料金が安い業者が違うからです。複数の業者から見積もりを取るときには、一括見積りサービスを利用するのがオススメです。

このページのおさらい♪

このページでは時期別の料金相場を解説しました。いかがでしたでしょうか?

大事なポイントをおさらいすると、、、

  • 引っ越し業界では「繁忙期」と「通常期」の2つがある
  • 繁忙期は引っ越し業者に予約が殺到する
  • 繁忙期は料金も高くなりやすい
  • 単身パックを利用する場合でも、繁忙期には割増料金がかかる
  • 繁忙期にはできるだけ早く引っ越し業者の予約をしよう
  • 複数の業者から見積もりを取るなど、料金を安くする努力も大切!

このように「いつ引っ越しをするのか?」ということは、とっても大切な問題です。

仮にあなたが繁忙期(3月〜4月)に引っ越すのであれば、料金が高くなるだけでなく、予約ができない可能性も出てきます。。。

逆に、通常期(5月〜2月)は引っ越しをする方が比較的少ないので、グッと料金を下げやすい時期になっているんです。

ですので、引っ越しをするタイミングを自由に決められるのであれば、繁忙期は避けて、通常期に引っ越しをするのがオススメですよ!

最大50%OFF!引っ越し料金を安くしたいなら「引っ越し侍」

引っ越すときに最優先でやるべきなのが、引っ越し業者の予約です。

実は・・・同じ引っ越し内容でも業者によって料金は全然違うので、少しだけ時間をかけて料金を比べれば、簡単に引っ越し代を安くできます♪

・・・とはいえ、仕事やプライベート、引っ越し準備などで、複数の業者に見積もりを取る時間が作れないという方も多いはず。。。

そのような方には一括見積もりサービスの「引越し侍」がオススメ!

引越し侍には、大手業者から地域密着の業者まで全国310社以上の会社が登録されており、一度の登録で最大10社から無料で見積もりを取り寄せられます。

実際、これまでに引越し侍を利用した方は、なんと4,089万件!

なかには最大50%も料金が安くなったケースもあるんです。

引っ越し業者から見積もりを取るときには鉄板と言えるほど、大人気のサービスですので、これから引っ越し業者を探す方は、ぜひ利用することをオススメします♪

引越し侍 公式サイトへ

引っ越し業者からの電話が嫌なら「SUUMO引越し見積もり」

一括見積もりサービスの登録後には、引っ越し業者から電話がかかってきます。

ただ、なかには業者から電話をかけて欲しくない方や、メールで見積もりが欲しい方もいるはず。

そのような方には「SUUMO引越し見積もり」がオススメです。


SUUMO引越し見積もりは、人気の引っ越し業者に一括で見積もり請求ができるんですが、、、電話番号の登録が「任意」となっています。

そのため、一括見積もりサービスの登録後に、引っ越し業者から電話がかかってきて欲しくない方にはイチオシのサービスですよ♪

SUUMO引越し見積もり 公式サイトへ

最大50%OFF!引っ越し料金を安くしたいなら「引っ越し侍」

引っ越すときに最優先でやるべきなのが、引っ越し業者の予約です。

実は・・・同じ引っ越し内容でも業者によって料金は全然違うので、少しだけ時間をかけて料金を比べれば、簡単に引っ越し代を安くできます♪

・・・とはいえ、仕事やプライベート、引っ越し準備などで、複数の業者に見積もりを取る時間が作れないという方も多いはず。。。

そのような方には一括見積もりサービスの「引越し侍」がオススメ!

引越し侍には、大手業者から地域密着の業者まで全国310社以上の会社が登録されており、一度の登録で最大10社から無料で見積もりを取り寄せられます。

実際、これまでに引越し侍を利用した方は、なんと4,089万件!

なかには最大50%も料金が安くなったケースもあるんです。

引っ越し業者から見積もりを取るときには鉄板と言えるほど、大人気のサービスですので、これから引っ越し業者を探す方は、ぜひ利用することをオススメします♪

引越し侍 公式サイトへ

引っ越し業者からの電話が嫌なら「SUUMO引越し見積もり」

一括見積もりサービスの登録後には、引っ越し業者から電話がかかってきます。

ただ、なかには業者から電話をかけて欲しくない方や、メールで見積もりが欲しい方もいるはず。

そのような方には「SUUMO引越し見積もり」がオススメです。


SUUMO引越し見積もりは、人気の引っ越し業者に一括で見積もり請求ができるんですが、、、電話番号の登録が「任意」となっています。

そのため、一括見積もりサービスの登録後に、引っ越し業者から電話がかかってきて欲しくない方にはイチオシのサービスですよ♪

SUUMO引越し見積もり 公式サイトへ

引っ越し業者
シェアする
ヒロセユウヤをフォローする
【単身・一人暮らし向け】引っ越しのトリセツ