今すぐ引っ越したい!今日中に引っ越す方法と注意点を解説

タイプ別の引っ越し方法

「どうしても今日中に引っ越したい・・・」
「なんとかして、今すぐ荷物を運ぶ方法ないかな?」

本当にレアなケースですが、どうしても今日中に引っ越したい方は、どのような行動を取れば良いのか悩むはず。。。

ヒロセ
ヒロセ

こんにちは。単身赴任パパこと“ヒロセユウヤ”です。

最初に結論をお伝えすると、今日中に引っ越すことは・・・可能です。

ただし、引っ越すときには通常1〜2週間ほど時間がかかるので、今すぐに引っ越すとなると、急ピッチで準備を進めなければいけません

このページでは今日中に引っ越すためにやるべきことと、何に気をつけなければいけないかを解説します。ババっと読んで、すぐにでも準備に取り掛かってくださいね♪

今日中に引っ越すための5ステップ

まずは今日中に引っ越すための全体的な流れを解説します。

今日中に引っ越すときでも、きちんと流れに沿って進めていくのが大切!

手当たり次第に準備を進めていくのは非効率で、逆に時間がかかってしまうので、気を付けてください。

引っ越すまでの具体的な流れは以下の通りです。

  • STEP1
    引っ越し方法を決める
    引っ越し業者・レンタカー・宅急便の3つのなかで、どの方法で引っ越すのかを決めてください。荷物量と移動距離も関係してきます。
  • STEP2
    各種サービスの予約をする
    スムーズに荷物を運ぶために、引っ越し方法を決めたら、すぐに各種サービスの予約をしてください。宅急便を利用するときも集荷の予約をしておくべきですよ。
  • STEP3
    部屋の退去連絡をする
    すでに一人暮らしをしており、部屋から完全に退去する場合は、管理会社 or 大家さんへの退去連絡も忘れずに!ただ、直前だと翌月分の家賃が発生する可能性は高いです。。。
  • STEP4
    荷造り&不用品の処分
    荷物を運び出す(業者が来る・宅急便の集荷・レンタカーの予約)時間までに、荷造りを終わらせてください。壊れやすいものだけは要注意!
  • STEP5
    荷物を運び出す(=部屋からの退去)
    準備を終えたら、荷物を運び出すことになります。部屋から完全に退去するときには、最後に簡単な掃除と、ブレーカーを落とすことも忘れずに。

このような流れで引っ越すことをオススメします。

正直、これらの作業を1日で終わらすのは、かなり大変・・・。とはいえ、今日中に引っ越すためには必要なことなので、頑張って作業を進めてくださいね

ヒロセ
ヒロセ

焦ってぐちゃぐちゃな順番で作業を進めてしまうと、今日中に引っ越せない可能性も出てくるので要注意!

では、次の章からはそれぞれのやることについて、詳しく解説しますね。

すぐに引っ越すための3つの方法

今日中に引っ越したい場合、最優先で引っ越し方法を決めてください
具体的な方法は次の3つ。

宅急便

  • 荷物がダンボールだけの方にイチオシ
  • 当日だと大きな家具・家電は運べない可能性がある
  • 家具・家電を運ぶとコストが高くなる
  • 自宅まで集荷に来てもらえるので作業負担も少ない
  • ダンボールの個数・サイズ×移動距離で料金が決まる

レンタカー or 自家用車

  • 運転できる方にイチオシ
  • ダンボールと家具・家電が数点までなら運べる
  • 自分で荷物を運ぶので作業負担は大きい
  • 荷物・部屋などを壊したときの補償がない
  • 近距離(同一県内・市区町村内)なら低コスト
  • 県外になるとコストが高くなる

引っ越し業者

  • 荷物が多く、移動距離も遠い方向け
  • 宅急便やレンタカーよりは割高になりやすい
  • 荷物を運んでもらえるので作業負担は少ない
  • 荷物・部屋などを壊したときの補償があるから安心
  • 中・長距離(県外)の引っ越しではイチオシ!

それぞれの引っ越し方法には、このような特徴があります。

荷物量が少なく、かつ移動距離が県内や同一市区町村であれば、宅急便やレンタカーを利用して引っ越すのがオススメです。

宅急便やレンタカーであれば、かなり高い確率で今日中に引っ越せますからね。

ただし、今日中に引っ越すときには、宅急便の集荷や、レンタカーの予約を忘れずに行うようにしてください!

事前に予約をしておかなければ、荷物の集荷や自動車のレンタルができない可能性もあるので要注意ですよ。

ヒロセ
ヒロセ

宅急便を使う場合は、宅配業者の営業所やコンビニに直接持って行ってもOKです。ただ、荷物量が多いと運ぶのがかなり大変ですけどね・・・(涙)

そして、家具・家電を含んだある程度の荷物があったり、県外へ引っ越したりするときには、引っ越し業者を利用するのがオススメです。

が・・・今日中に作業をしてくれる引っ越し業者を探すのは、かなり大変・・・。

そこで次の章で、引っ越し業者を利用する方法・注意点を詳しく解説しますね。

今日中に作業をしてくれる引っ越し業者は少ない。。。

最初にお伝えしておくと、今日中に作業をしてくれる引っ越し業者を探すのは、かなり難しいことを知っておいてください。

というのも、引っ越し業者が作業をするには、あらかじめトラックやスタッフを確保しておく必要があるので、急な依頼に対応できないんです。

また就職・進学・転勤シーズンの3・4・8・9月や、月末などは引っ越し業者への予約が集中するので、そもそもスケジュールが空いていない・・・。

そのため、引越し業者(特に大手業者)は、基本的に即日対応を受け付けていないところが多いんです。。。

ただし、「100%不可能か?」というと、そういうわけでもありません

中小規模の業者であれば、即日対応をしてくれるところもありますし、稀に大手業者でも急なキャンセルがあった場合には、作業を引き受けてくれることもあるんです。

そのため、引っ越し業者を利用したいのであれば、最優先で業者探しをすることをオススメしますよ!

ヒロセ
ヒロセ

即日対応をしてくれる業者が少ないのは、十分な準備ができていないと、引っ越し業者も作業でミスをするリスクが高くなるという理由もありますよ。

引越し業者は一括見積もりサービスで探すと効率的!

では、具体的にどうやって引越し業者を探せば良いのか?

結論、、、一括見積もりサービスを利用することをオススメします。

一括見積もりサービスとは、あなたの情報(氏名・住所・電話番号・荷物量など)を登録するだけで、一度に複数の業者に見積もり請求ができるサービスのこと。

このサービスを利用するべき理由は以下の通り。

  • 1社1社に連絡する手間が省けて効率的
  • 自分では見つけにくい中小企業にアプローチできる
  • 作業を引き受けてくれる業者から連絡がもらえる
  • 荷造りをお願いできることもある(可能性は低いですが)

このような理由から、今日中に作業をしてくれる業者を探すときには一括見積もりサービスを利用することをオススメします。

特に一括見積もりサービスを利用することで、作業を引き受けてくれる業者側から直接連絡をもらえるというのは、かなり大きなメリット♪

逆に、ネットで検索して出てきた業者に、1社1社連絡をして、今日作業をしてもらえるかを確認していくのは、かなり非効率ですからね・・・。

ヒロセ
ヒロセ

一括見積もりサービスは料金の安い業者を探すためだけでなく、このような使い方もあるということを知っておいてください!

ちなみに、一括見積もりサービスでは引越し侍」がオススメです。

引越し侍は全国310社以上のなかから、あなたの引っ越し内容(日程・荷物量・移動距離など)に応じて、最大10社から見積もりをもらえます。

そのため当日中の作業を引き受けてくれる業者が見つけやすいんです。

そもそも他の一括見積もりサービスでは、当日作業が可能な業者を探すことができませんからね(システム的に当日は登録できない)。。。

ですので、今日中に引っ越したいときには、引越し侍を利用して、効率的に引っ越し業者を探すことをオススメしますよ♪

引越し侍 公式サイトへ

引っ越し業者を利用するときの流れ

引っ越し業者を利用するときの流れを簡単にまとめました。
具体的には以下の通り。

  • STEP1
    引越し侍(一括見積もりサービス)に登録
    一括見積もりサービス(引越し侍)を利用して、今日中に作業をしてもらえる業者を探してください。
  • STEP2
    業者からの電話で引っ越せるかの確認
    「今日中に作業をしてもらえるか?」「何時ごろの作業になるか?」「料金はいくらか?」「料金の支払い方法は?」などを確認。
  • STEP3
    業者の予約
    あなたの希望する条件(料金・時間など)に合えば、そのまま予約をしてOKです。
  • STEP4
    荷造りを終わらせる
    引っ越し業者が訪問するまでに荷造りを終わらせてください。荷造りが終わらない場合は、追加料金が発生or中止になることがあります。
  • STEP5
    業者に荷物を預ける&料金の支払い
    業者が荷物を運び出してくれます。料金を現金払いするときには、基本的に作業前に支払いをしなければいけないので要注意!
  • STEP6
    新居で荷物を受け取る
    新居に荷物が届いたら、作業スタッフに荷物をどこに置いて欲しいかの指示を出してください。また「荷物数は足りているか?」「荷物が壊れていないか?」の確認も。

このような流れで引っ越すことができます。

大事なポイントとして、引っ越し業者を利用する場合、料金は作業を始める前に現金で支払うケースが多いです。

そのため、予約をするタイミングで料金がいくらになるのかを確認して、お近くのコンビニや銀行ATMでお金を下ろしておくことを忘れずに!

ヒロセ
ヒロセ

最近ではカード払いができる業者も増えてきましたが、まだ現金払いのところも多いので気をつけてください。

また今日中に引っ越すときに、まだ荷造りができていない場合は、できるだけ遅い時間に予約をすることをオススメします。

作業時間までに荷造りができていないと、追加料金が発生するor作業が中止となる可能性があるので気をつけてくださいね。

以上が引っ越し業者を利用して、今日中に引っ越すときの流れになります。

とにかく、引っ越し業者を見つけることが最優先!

業者さえ見つければ、あとは必死になって荷造りを終わらせれば、今日中に引っ越すことは不可能ではありませんよ。

部屋の退去連絡も忘れずに

引っ越し業者の予約ができたら、退去に向けて準備を進めてください。

このとき、すでに一人暮らしをしており、今住んでいる部屋から完全退去するときには、管理会社 or 大家さんへ退去連絡をしなければいけません。

そもそも部屋から退去するときには、1〜2ヶ月前には退去連絡をしなければいけないという契約になっています。

そのため、事前連絡なしで退去するのは、本来はNG!

・・・とはいえ、今日中に引っ越すとなると、そんなことは言ってられないので、契約違反にはなりますが、退去連絡をしてください。

ヒロセ
ヒロセ

連絡するときには「どうして急に退去することになったか?」という理由も伝えることが大切。管理会社 or 大家さんに事情を納得してもらうべきですよ。

ちなみに、管理会社 or 大家さんからは「翌月〜翌々月分の家賃は支払ってもらう」などを伝えられるかもしれませんが、これは仕方ありません。

本来であれば、1〜2ヶ月前に退去連絡をする契約なのと、管理会社や大家さんとしても、急に部屋から退去されると、次の入居者が見つかるまでの家賃収入がストップしますからね。。。

伝えられた追加の家賃を支払うことだけは覚悟しておいてくださいね。

ヒロセ
ヒロセ

逆にいえば、事前連絡なしで退去する場合でも、罰則としては「翌月〜翌々月分の家賃を支払う」ということだけですので安心を。

なお、退去連絡をするときには、次のことを確認するのが大切です。

  • 退去時に立ち会い作業は必要か?
  • 鍵の返却方法はどうすれば良いか?
  • 退去月+追加発生した分の家賃の支払い方法は?
  • (敷金を支払っている場合)敷金の返金方法は?

このようなことを確認しておくと、スムーズに退去できますよ。

ちなみに「退去時の立ち会い作業」というのは、敷金の返金額を決めるために、管理会社や大家さんと一緒に部屋の状況確認すること。

そもそも敷金は「延滞した家賃」と「部屋の修繕費用」を差し引いた金額が返金される仕組みになっています。

ただ、敷金の返金額はトラブルになることが多く、管理会社や大家さんは「あなたが費用を負担する部分はどこか?」を、立ち会いのもとで確認することがあるんです。

とはいえ、今日中に引っ越すとなると立ち会いの時間が取れないことも・・・。

そのようなときには「敷金の返金額には文句を言わない」と伝えれば、立ち会い作業なしで退去できることもあるので、どうしてもの場合は交渉するのをオススメします。

ヒロセ
ヒロセ

立ち会いでの確認作業があるかは管理会社 or 大家さんによって異なります。行われないケースもあることを知っておくと良いですよ。

部屋の退去方法・注意点については以下のページで詳しく解説をしています。気になる方は、是非チェックしてくださいね。

【一人暮らしをしている方へ】部屋の退去・解約方法と注意事項・敷金のルールを解説!
すでに一人暮らしをしている方が、部屋から退去・解約する方法を解説。部屋から退去するときには「退去日の決め方」や「いつまでに大家さんや管理会社に連絡をするか」が大切。また退去時には敷金の返金額にも気をつけてくださいね。

荷造りをするときに気をつけるべき5つのポイント

引っ越し方法を決めても、荷造りを終わらせなければ、引っ越せません。

基本的に荷造りは、使わないものからどんどん梱包していけば良いですが、、、今日中に引っ越すとなると、とにかくダンボールにガンガン詰めていく必要があります。

ヒロセ
ヒロセ

ダンボールはスーパーやドラッグストアなどからもらってくるか、ホームセンターで購入して用意をしてくださいね。

このときに、もちろんスピード重視で荷造りをしていくべきですが、適当に作業をすると、荷物が壊れるなどトラブルの原因に・・・

そこで荷造りをするときには次の5つに気をつけてください。

  1. 冷蔵庫や洗濯機の水抜きを最優先に
    冷蔵庫、洗濯機を運ぶときには、なかに入っている水抜きを最優先で行ってください。特に引っ越し業者を利用するときは必須です!
  2. できるだけ荷物の種類を揃える
    ダンボールに詰めるときには、衣類・食器類・生活用品など、荷物の種類を揃えておくことで、引っ越し後の片付け・整理がしやすくなりますよ。
  3. 壊れやすいものは箱のなかで動かないように
    食器類やガラス製品などの壊れやすいものを梱包するときには、新聞紙やタオルなどを緩衝材にして、箱のなかで動かないような工夫を!
  4. 1つのダンボールに荷物を詰めすぎない
    ダンボールに荷物を詰め過ぎると、底が抜けたり、新居で移動させるのが大変になったります。自分で運びやすい重さまでにするのがコツです。
  5. 貴重品は自分で持ち運ぶ
    宝飾品・貴金属類、パソコンなどはダンボールなどには入れず、自分で持ち運べるように1つのカバンにまとめることをオススメします。

このようなことに気をつけて荷造りをすることをオススメします。

特に冷蔵庫や洗濯機を運ぶときには、すぐに電源を抜いて、水抜きするのが鉄則!

水抜きとは、冷蔵庫の冷凍室や、洗濯機のホースに溜まっている水を取ること。この作業をやらないと、荷物を運ぶときに水が漏れて、部屋やトラック内の荷物が濡れてしまいますよ・・・。

引っ越し業者を利用する場合だと、水抜きをしていないと冷蔵庫や洗濯機を運んでもらえないので、荷造りをするときには最優先でやってくださいね。

あとは急ぎながらも、安全に運べるように気を配りながら荷造りをしていけばOK!

荷造りを終わらせれば、今日中に引っ越せるので、頑張って作業を進めてくださいね。

ヒロセ
ヒロセ

少し余裕があるのであれば、ダンボールの外側に何が入っているかを書いておくと、新居で荷ほどき・片付けがしやすくなりますよ♪

どうしても荷造りが間に合わない場合は・・・

「今日中に引っ越したくても、荷造りをする時間が取れない・・・」

このような完全にピンチの方は、荷造りをしてくれる業者を探すのがオススメ!

引っ越し業者では、荷造りや荷ほどきをしてくれるところもたくさんあります。

基本的に業者に荷造りをお願いするときには、荷物を運び出す日の前日に、あなたの自宅まで訪問して作業をしてくれることがほとんど。

ただ、なかには引っ越し当日でも荷造りをしてくれる業者もあります(かなり少ないですが・・・)。

ですので、どうしても荷造りを終わらせられない場合には、荷造りをしてくれる業者を探して、お願いするのもあり!

なお、一括見積もりサービスを利用するときに、荷造りもお願いしたいことを備考欄に書いておけば、作業を引き受けてくれる業者が見つかる可能性も高いですよ。

引っ越しに伴う手続きで優先的にやるべきこと

最後に、今日中に引っ越しをするときに、やるべき手続きをまとめました。

具体的には以下の通り(引っ越し方法の予約・荷造りは終えていることを前提にまとめています)。

やること 電話 郵送 ネット 優先順位
現住居の解約 ×
駐車場の解約 ×
転出届を出す × ×
国民健康保険の資格喪失届を出す × × ×
印鑑登録の廃止 × × ×
郵便局で転居届を出す ×
ガス会社の解約(現住所) ×
ガス会社の契約(新居) ×
水道会社の解約(現住所) ×
水道会社の契約(新居)
電力会社の解約(現住所) ×
電力会社の契約(新居)
インターネットの解約(現住所) ×
インターネットの契約(新居) ×
スマホ・携帯電話の住所変更 ×
固定電話の解約・契約
NHKの住所変更 ×
衛星放送の解約or住所変更 ×
ケーブルテレビの解約or住所変更 ×
新聞の解約or住所変更 ×
現金(引っ越し代)の用意 × × ×
部屋の掃除 × × ×

この表の優先順位が高いものから手続きを進めていくのがオススメです。

なお、役所関係の手続き(転出届・健康保険・印鑑登録)と、郵便局の転居届については、窓口へ直接訪問して手続きができます。

そして、この中でも特に大事なのが「郵便局への転居届」です!

この手続きをしておかなければ、引っ越した後にも、郵便物が前の家に届けられてしまうので、最優先で手続きをするのがオススメ。

逆に言えば、それ以外の手続きは引っ越し後に、電話、インターネット、郵送などで手続きができるので、焦ることはありません!

あくまでも、最優先でやるべきなのは「引っ越し方法の決定&予約」と「荷造り」です。

郵便局への転居届だけやれば、あとは後回しにしても大丈夫なので、優先順位を間違えずに、1つ1つの作業を進めてくださいね♪

ヒロセ
ヒロセ

各種手続きについては、時間に余裕があればでOK!最初に手続きから終わらせようとしないように!

このページのおさらい♪

このページでは今日中に引っ越す方法と注意点を解説しました。
いかがでしたでしょうか?

大事なポイントをおさらいすると、、、

  • 今日中に引っ越すのは不可能ではない
  • まずは引っ越し方法を決めて、予約するのが大事!
  • 特に引っ越し業者を利用する場合は、最優先でやること
  • 引っ越し業者は一括見積もりサービスを利用して探すのが効率的
  • 部屋から退去するときには退去連絡も忘れずに
  • 荷造りは、荷物を安全に運べることを意識しながらやる
  • 郵便局への転居届(e転居)だけはやっておこう

このようなポイントを知っておけば大丈夫です。

何度もお伝えしていますが、本来、引っ越すためには何日も時間をかけて準備を進めていくのが一般的です。

そのため、今日中に引っ越すためには、かなり頑張らなければいけません。。。

とは言え、引っ越し方法を決めて、予約さえできれば、あとは時間までに荷造りをすれば、なんとか引っ越すことはできます

ですので、最後まで諦めずに1つ1つの作業をクリアしていってくださいね。

あなたの引っ越しが無事に終えられることを心から応援しています!

最大50%OFF!引っ越し料金を安くしたいなら「引っ越し侍」

引っ越すときに最優先でやるべきなのが、引っ越し業者の予約です。

実は・・・同じ引っ越し内容でも業者によって料金は全然違うので、少しだけ時間をかけて料金を比べれば、簡単に引っ越し代を安くできます♪

・・・とはいえ、仕事やプライベート、引っ越し準備などで、複数の業者に見積もりを取る時間が作れないという方も多いはず。。。

そのような方には一括見積もりサービスの「引越し侍」がオススメ!

引越し侍には、大手業者から地域密着の業者まで全国310社以上の会社が登録されており、一度の登録で最大10社から無料で見積もりを取り寄せられます。

実際、これまでに引越し侍を利用した方は、なんと4,089万件!

なかには最大50%も料金が安くなったケースもあるんです。

引っ越し業者から見積もりを取るときには鉄板と言えるほど、大人気のサービスですので、これから引っ越し業者を探す方は、ぜひ利用することをオススメします♪

引越し侍 公式サイトへ

引っ越し業者からの電話が嫌なら「SUUMO引越し見積もり」

一括見積もりサービスの登録後には、引っ越し業者から電話がかかってきます。

ただ、なかには業者から電話をかけて欲しくない方や、メールで見積もりが欲しい方もいるはず。

そのような方には「SUUMO引越し見積もり」がオススメです。


SUUMO引越し見積もりは、人気の引っ越し業者に一括で見積もり請求ができるんですが、、、電話番号の登録が「任意」となっています。

そのため、一括見積もりサービスの登録後に、引っ越し業者から電話がかかってきて欲しくない方にはイチオシのサービスですよ♪

SUUMO引越し見積もり 公式サイトへ

最大50%OFF!引っ越し料金を安くしたいなら「引っ越し侍」

引っ越すときに最優先でやるべきなのが、引っ越し業者の予約です。

実は・・・同じ引っ越し内容でも業者によって料金は全然違うので、少しだけ時間をかけて料金を比べれば、簡単に引っ越し代を安くできます♪

・・・とはいえ、仕事やプライベート、引っ越し準備などで、複数の業者に見積もりを取る時間が作れないという方も多いはず。。。

そのような方には一括見積もりサービスの「引越し侍」がオススメ!

引越し侍には、大手業者から地域密着の業者まで全国310社以上の会社が登録されており、一度の登録で最大10社から無料で見積もりを取り寄せられます。

実際、これまでに引越し侍を利用した方は、なんと4,089万件!

なかには最大50%も料金が安くなったケースもあるんです。

引っ越し業者から見積もりを取るときには鉄板と言えるほど、大人気のサービスですので、これから引っ越し業者を探す方は、ぜひ利用することをオススメします♪

引越し侍 公式サイトへ

引っ越し業者からの電話が嫌なら「SUUMO引越し見積もり」

一括見積もりサービスの登録後には、引っ越し業者から電話がかかってきます。

ただ、なかには業者から電話をかけて欲しくない方や、メールで見積もりが欲しい方もいるはず。

そのような方には「SUUMO引越し見積もり」がオススメです。


SUUMO引越し見積もりは、人気の引っ越し業者に一括で見積もり請求ができるんですが、、、電話番号の登録が「任意」となっています。

そのため、一括見積もりサービスの登録後に、引っ越し業者から電話がかかってきて欲しくない方にはイチオシのサービスですよ♪

SUUMO引越し見積もり 公式サイトへ

タイプ別の引っ越し方法
シェアする
ヒロセユウヤをフォローする
【単身・一人暮らし向け】引っ越しのトリセツ