忙しい方にピッタリ!引っ越し作業を任せられる「おまかせプラン」を徹底解説!

引っ越し業者

「おまかせプランって、どんなサービスか知りたい」
「どの業者のおまかせプランを利用すべきかな?」

ヒロセ
ヒロセ

こんにちは!単身赴任パパこと“ヒロセユウヤ”です。

仕事が忙しい方や、急に転勤が決まった方など、引っ越しの準備をする時間が取れない方には「おまかせプラン(パック)」の利用をオススメします。

おまかせプランとは、引っ越し業者が現住居での荷造りから、荷物の輸送、新居での荷ほどきまで、ほぼ全ての作業を行ってくれるサービスのこと。

単身の場合は、大体7万円〜10万円ほどでサービスが利用できます(注:料金は移動距離や荷物量によって異なります)。

このページでは、おまかせプランのサービス内容や注意点、業者の選び方などを詳しく解説しますね♪

おまかせプランって何?

まずは「おまかせプラン」がどのようなものかを解説しますね。

おまかせプランとは「荷造りから荷物の運搬(搬出・搬入)、新居での荷ほどきまで、ほぼ全ての作業を引っ越し業者が行ってくれるサービス」のことです。

一般的なプランでは、引っ越し業者は荷物の運搬だけしか行ってくれないことを考えると、あなたの負担をかなり軽くできるサービスと言えますね!

ヒロセ
ヒロセ

おまかせプランじゃなくても、大型の家具・家電は、新居であなたの希望する場所まで運んでくれるので安心を♪

ちなみに、業者によっては全てを任せるプラン以外にも「荷造り+運搬だけ」「運搬+荷ほどきだ」「小物類の荷造りor荷ほどきだけ」など、様々なタイプがあることも知っておいてください。

具体的に大手業者のおまかせプランは以下の通りです。

アート引越センター

サービス名 荷造り 運搬 荷ほどき
おまかせパック(フルコース)
おまかせパック(ハーフコース) ×

アリさんマークの引越社

サービス名 荷造り 運搬 荷ほどき
アリさんフルパック
アリさんパック ×

サカイ引越センター

サービス名 荷造り 運搬 荷ほどき
らくらくコースプレミアム
らくらくAコース
らくらくBコース 専用ケースのみ
らくらくCコース 食器類のみ 専用ケースのみ

日本通運

サービス名 荷造り 運搬 荷ほどき
フルプラン
ハーフプラン ×

アーク引越センター

サービス名 荷造り 運搬 荷ほどき
すべてお任せフルフルプラン

ハート引越センター

サービス名 荷造り 運搬 荷ほどき
エコノミープラン ×
パーフェクトプラン

このようにほとんどの業者で、様々なタイプのおまかせプランが用意されていますよ♪

ヒロセ
ヒロセ

あなたのお願いしたいことに合わせて、おまかせプランの種類を選べるということですね。

そして、気になる料金ですが・・・

単身での引っ越しの場合は、通常料金に対して、荷造りで30,000円・荷ほどきで30,000円がプラスされると考えてください。

これは荷造り・荷ほどきともに作業スタッフが2人プラスされるからで、その人件費が15,000円ほどなので30,000円(15,000円×2人)というわけです。

具体的な料金相場は以下の通り。

時期 荷物小 荷物大
繁忙期(3〜4月) 平均81,479円 平均104,430円
通常期(5〜2月) 平均73,764円 平均86,964円

おまかせプランを利用するときには、このような料金相場になります。

ただし、料金相場はあくまでも「相場」なので、移動距離や荷物量、オプションサービスの有無などで、値段が大きく異なるので気をつけてくださいね。

おまかせプランのメリット・デメリット

続いて、おまかせプランを利用するメリット・デメリットを解説します。

まずはメリットから。
具体的には以下の通りです。

おまかせプランのメリット
  • 荷造り・荷ほどきの負担が減る
  • 急に決まった引っ越しでも対応できる
  • 食器類なども割らずに荷造り、荷ほどきができる
  • 荷ほどき後にダンボールを回収していってくれる
  • 片付いた部屋ですぐに新生活を始められる

このように、おまかせプランを利用することで、引っ越しにかかる手間・負担はグッと減ります

特に荷造りは、かなりの手間と時間がかかる作業です・・・。管理人の友人にも「引っ越し前日に徹夜で荷造りをした・・・」という人はたくさんいます(苦笑)

おまかせプランでは、大変な荷造りを業者にお願いすることができるので、あなたにかかるはずだった手間がグッと減り、楽に引っ越しをすることができるんです。

また、片付いた部屋ですぐに新生活をスタートできるのもメリットと言えます♪

引っ越した後は、移動できたことに満足してしまい、どうしても荷ほどきや片付けをするモチベーションが上がりません・・・。

ヒロセ
ヒロセ

引っ越しから1ヶ月経っても、荷物が入ったままのダンボールに囲まれて暮らしている方も珍しくないんですよ(苦笑)

おまかせプランであれば、引っ越してきたタイミングで荷ほどきをしてもらうこともできるので、すぐに新生活をスタートできます。

特に転勤をしてきて、翌日からすぐに仕事をしなければいけない方にとっては、かなり便利なサービスですね♪

では、次におまかせプランのデメリットを解説します。
具体的には以下の通りです。

おまかせプランのデメリット
  • 通常プラン(運搬のみ)よりも料金が高くなる
  • 業者への指示出しが必要
  • 搬出・搬入時の立ち会いも必要

おまかせプランの最大のデメリットは、通常よりも料金が高くなることです。

荷造りや荷ほどきなど、本来であれば、あなたでもできる作業を業者にお願いすることになるので、その分だけ人件費で高くなってしまいます。

ですので、できるだけ安く引っ越たい方にはオススメできません

また、おまかせプランはほぼ全ての作業をやってもらえます、、、ただ、業者のスタッフに対して、ある程度は指示を出す必要があります

例えば、「引っ越してからすぐに使うものは1つにまとめて欲しい」とか「家具や家電はどこに配置するのか?」など最低限の指示を出す必要があるんです(詳しくは後述します)。

ボーッとしていれば、あっという間に作業が終わる、、、というわけではないので、そこだけは勘違いしないでください!

ヒロセ
ヒロセ

・・・とは言え、指示だしは特別大変なことではないので、そこまで心配する必要はないですよ。

以上のメリット・デメリットを踏まえて、おまかせプランは次のような方にオススメです。

  • 引っ越しの準備をする時間が取れない方
  • 急遽、引っ越しが決まった方
  • 料金は高くても良いので、できるだけ楽に引っ越したい方
  • 引っ越し後、すぐに新生活を始めたい方
  • 自分で片付け・整理をするのが苦手な方

このような方は、おまかせプランを利用する価値が高いので、検討するのをオススメしますよ♪

おまかせプランを利用するときの流れ

「おまかせプランは、どのように進められるの?」
「引っ越し作業に、全部でどれくらいかかるか知りたい」

このような方のために、おまかせプラン(フルコース/荷造りから荷ほどきまでの全て)を利用するときの流れを解説します。

具体的には以下の流れで進められることが多いです。

  • STEP1
    荷造り(小物類・洋服など)
    前日or当日に荷造りをしてもらうところからスタート。梱包資材は業者が当日持ってきますが、下着類など見せたくないものを自分で梱包したい場合は、事前にダンボールをもらうことも可能です。
  • STEP2
    現住居の保護
    引っ越し当日は、住んでいる家の壁や床、マンション・アパートの共有スペース(階段・踊場・エレベータ内など)の保護・養生から作業が行われます。
  • STEP3
    荷造り(大型の家具・家電など)
    大きな家具・家電は引っ越し当日に荷造りされるケースが多いです。冷蔵庫や洗濯機の水抜き、石油ストーブから灯油を抜くなど、あなたが事前にやるべきこともあるので要注意!
  • STEP4
    荷物の搬出
    準備ができたら、荷物がどんどん運び出されます。あなたは「荷物の運び忘れがないか?」「壁や床を傷つけないか?」などを見守っていればOK。空いた部屋から掃除をするのもありです!
  • STEP5
    新居までの運搬
    荷物をトラックに積み終えたら、新居まで運んでくれます。県内・同一市区町村など近距離であれば、当日中に荷物を運んでもらうことも可能ですよ(業者と要相談)。
  • STEP6
    新居の保護
    新居に荷物が到着したら、まずは部屋やマンション・アパートの共有スペースの保護・養生からスタートします。
  • STEP7
    大型の家具・家電の配置
    荷物は大型の家具・家電から運び込まれます。スムーズに作業を行うため、あらかじめ部屋の配置を考えておく必要があります(事前に決められない場合は、当日でも可)。
  • STEP8
    荷ほどき・片付け
    家具・家電の配置ができたら、小物類(生活用品・洋服・食器など)の荷ほどきです。こちらも事前に片付ける場所を考えておくとスムーズ!終了後には、ダンボールなどを持って帰ってくれるので、部屋もスッキリしますよ♪
  • STEP9
    (後日)梱包資材の回収
    引っ越し当日では片付けられなかった梱包資材(ダンボールなど)も、片付けができたタイミングで業者に連絡をすれば、回収してもらえますよ♪

おまかせパックを利用するときには、以上のような流れで作業が進められます。

ちなみに、作業時間の目安は以下の通り。

  • 荷造り・・・2〜3時間
  • 家の保護〜荷物の搬出・・・1時間〜1時間半
  • 荷物の搬入・・・1時間
  • 荷ほどき〜片付け・・・1時間〜1時間半

あなたが運んでもらう荷物量にもよりますが、単身の引っ越しであれば、大体これくらいの時間で作業は終わります。

ヒロセ
ヒロセ

荷物の運搬時間を除いて、作業は5〜7時間ほどで終わることが多いです。ただ、これはあくまでも目安!引っ越し日には他の予定を入れない方が良いですよ。

ただ、、、途中でもお伝えしましたが、おまかせプランを利用するときにも、あなた自身でやらなければいけないことがいくつかあるんです・・・。

次の章ではおまかせプランを利用するときに、あなたがやらなければいけないことを解説します♪

おまかせプランを利用しても、やらなければいけないこと

では、おまかせパックを利用するときに、あなたがやらなければいけないことは何か?

具体的には以下の7つです。

貴重品や見られたくない荷物の梱包

貴重品や下着など、作業スタッフに触られたくないもの、見られたくないものは事前にあなたの手で梱包してください。梱包したダンボールには「開封不要」と書くことを忘れずに!

電化製品の搬出準備

冷蔵庫と洗濯機の水抜きと、石油ストーブから灯油を抜くのは、引っ越しの前日までに必ず行ってください。また、パソコンを運んでもらうときには、念のためハードディスクにバックアップを。なお、ベッドなどの家具の解体は業者がやってくれますよ。

新居の家具・家電の配置を決める

新居に荷物をスムーズに運ぶため、事前に家具や家電を置く場所を決めておいてください。業者によっては「新居家財配置図」という書類を用意しなければいけないケースもありますよ。

現住居の掃除

おまかせパックでは部屋の掃除まではしてもらえません。そのため、業者に荷造りや荷物の搬出をしてもらっているときに、部屋の掃除をしていくことをオススメします。

ゴミ・不用品の処分

基本的にゴミの処分はあなたがやることになります。特に生活ゴミ(生ゴミなど)は必ず自分で処分を!なお、粗大ゴミの処分は「オプションサービス(有料)」でお願いできることもありますよ。

引っ越し当日の立会い

当日の作業には必ず立ち会わなければいけません。当たり前なんですが、ごく稀に「当日はいなくても大丈夫ですか?」と聞いてくる人がいるそうです(苦笑)

各種手続き

転出・転入届などの役場での手続きや、ガス・電気・水道などライフラインの解約・契約の手続きはあなたがやらなければいけません(代理人が手続きできるものもありますが、基本的には引っ越し業者はやってくれません)。

以上のことは、あなたが自分でやらなければいけません。

パッと見ると、やることが多そうに感じるかもしれませんが、1つ1つ対応していけば、どれもサクッと終わらせられるので安心を♪

ヒロセ
ヒロセ

新型コロナウイルス対策で、作業の立ち合いが不要という業者も出てきました。最終的に、あなたがやらなければいけないことは、事前に業者へ確認しておくと良いですよ。

ちなみに、女性のなかには、下着などを見せたくないという話以前に「男性スタッフだけが部屋に来るのが嫌だ・・・」という方もいるはず。

そのような場合は、アート引越センターのように、女性スタッフに荷造り・荷ほどきをお願いできる業者もあるんです(搬出・搬入には男性スタッフも来ますが)。

ですので、どのようなスタッフが作業をしに来るかが不安な方は、引っ越し業者に相談してみることをオススメしますよ!

おまかせプランを利用するときの業者の選び方

最後に、おまかせプランを利用するときの業者を選ぶコツを解説します。
大事なポイントとしては、次の3点です。

  • 希望する「おまかせプラン」を提供しているか?
  • 希望日に荷造り・荷ほどきの作業をしてもらえるか?
  • 料金に納得できるか?

このようなポイントを踏まえて、業者を選ぶことが大切。

まず、希望する「おまかせプラン」を提供していることが大前提です。

というのも引っ越し業者のなかには「おまかせプランは提供していない」「荷造りと荷ほどきがセットになったものしか受け付けていない」というところもあります。

料金を少しでも安く抑えるために「荷造りだけ」「荷ほどきだけ」などと選べなければ、使い勝手が悪いですからね。そのような場合には、他の業者を選ぶべきです!

ヒロセ
ヒロセ

大手業者はプランに選択肢が多いですが、中小規模の業者は希望するプランを選べないケースもあるので気をつけてくださいね。

また、あなたが希望する日に荷造りと荷ほどきをしてもらえるかも大事。

特に荷造りは、引っ越しの前日に作業が行われるケースが多いため、仕事をしている方であれば、スケジュールの調整が必要となります。

どれだけ料金が安くても、希望日に作業ができなければ、その業者を利用することはできないので、きちんと希望通りのスケジュールで作業をしてもらえるか確認してくださいね。

そして、最後に「料金に納得できるか?」も大事なポイントです。

先ほどもお伝えしましたが、おまかせプランは通常よりも料金が高い・・・。

そのため、少しでも料金を安く抑えたいのであれば、複数の業者から見積もりを取り、どこの業者が安いのかを比べることをオススメします。

というのも、各業者のおまかせプランを利用するときでも、あなたの引っ越し内容(移動距離や荷物量など)によって、業者ごとで料金が大きく異なるんです!

例えば、A社なら52,000円、B社なら42,000万円、C社なら48,000円・・・というように、各社から見積もりを取ってみないと、どこが安いかはわかりません。

ですので、おまかせプランを利用するときには、複数の業者から見積もりを取って、どこの業者が安く対応してくれるのかを比べてくださいね♪

一括見積もりサービスで、料金が安い業者を探そう

おまかせプランの料金が安い業者を探すには、複数の業者から見積もりを取るのが鉄則!

ただ、1社1社のホームページから見積もり請求をすると、あなたの引っ越しの情報(荷物量や移動先など)を何度も登録しなければいけないので、時間と手間がかかります・・・。

多くの方が、この登録作業で挫折します(涙)

このようなときに便利なのが「一括見積もりサービス」です。

一括見積もりサービスとは「一度情報を登録するだけで、複数(5〜10社ほど)の業者に対して見積もり請求ができるサービス」のこと。

代表的なサービスとして「引越し侍」「SUUMO」「引越しの達人」などがあります。

このサービスを利用することで、複数の業者にサクッと見積もり請求ができるんです♪

しかも、一括見積もりサービスを利用することで、大手業者だけでなく、地域密着の業者(中小規模の業者)にも見積もり請求ができます

インターネットでパッと調べただけでは見落としてしまうような業者にも見積もり請求ができるので、より料金が安い業者を探せるんですよ♪

ヒロセ
ヒロセ

例えば、引越し侍では全国310社以上が登録しており、そのなかから、あなたの住む地域や希望するプランに合わせて最大10社から見積もりを送ってもらえます。

そのため、サクッと複数の業者の料金を比べるためにも、一括見積もりサービスを利用することをオススメしますよ!

なお、複数の業者から見積もりを集めて、料金を安くする方法については、以下のページで詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

複数の業者から見積もりを取り、簡単に料金を安くする方法を解説!
引っ越し料金を安くしたいときには、複数の業者から見積もりを取り、料金を比べることが鉄則!業者ごとで得意分野が異なるため、あなたの引っ越し内容によって、料金が安い業者が違うからです。複数の業者から見積もりを取るときには、一括見積りサービスを利用するのがオススメです。

以上が、おまかせプランを利用するときの、引っ越し業者を選ぶコツになります。
紹介した内容を参考に、引っ越し業者を選んでくださいね!

このページのおさらい♪

このページでは引っ越し業者の「おまかせプラン」について解説をしました。いかがでしたでしょうか?

大事なポイントをおさらいすると、、、

  • おまかせプランでは、ほぼ全ての作業を業者にやってもらえる
  • 荷造りだけ、荷ほどきだけなど、様々なタイプがある
  • 利用すれば、作業負担が減るだけでなく、すぐに新生活を始められる
  • ただし、おまかせプランは通常よりも料金が高くなるので要注意!
  • 作業時間は前日+当日合わせて5〜7時間ほど
  • 掃除やゴミの処分、各種手続きなどは自分でやらなければいけない
  • 料金を抑えたいなら、複数の業者から見積もりを取ろう

このようなことを知っておいてください。

おまかせプランは、引っ越し業者が荷造りから、荷ほどきまでやってくれるので、かなり便利なサービスになっています。

そのため、仕事で忙しくて引っ越しの準備ができない方や、自分で片付け・整理をするのが苦手な方にはオススメ!

ただし、おまかせプランを利用する場合でも、各種手続きや部屋の掃除など、いくつかの作業は自分でやらなければいけません。

また、通常よりも料金が割高になるので、少しでもコストを抑えたいのであれば、複数の業者から見積もりを取って、料金が安いところを探すことをオススメしますよ♪

最大50%OFF!引っ越し料金を安くしたいなら「引っ越し侍」

引っ越すときに最優先でやるべきなのが、引っ越し業者の予約です。

実は・・・同じ引っ越し内容でも業者によって料金は全然違うので、少しだけ時間をかけて料金を比べれば、簡単に引っ越し代を安くできます♪

・・・とはいえ、仕事やプライベート、引っ越し準備などで、複数の業者に見積もりを取る時間が作れないという方も多いはず。。。

そのような方には一括見積もりサービスの「引越し侍」がオススメ!

引越し侍には、大手業者から地域密着の業者まで全国310社以上の会社が登録されており、一度の登録で最大10社から無料で見積もりを取り寄せられます。

実際、これまでに引越し侍を利用した方は、なんと4,089万件!

なかには最大50%も料金が安くなったケースもあるんです。

引っ越し業者から見積もりを取るときには鉄板と言えるほど、大人気のサービスですので、これから引っ越し業者を探す方は、ぜひ利用することをオススメします♪

引越し侍 公式サイトへ

引っ越し業者からの電話が嫌なら「SUUMO引越し見積もり」

一括見積もりサービスの登録後には、引っ越し業者から電話がかかってきます。

ただ、なかには業者から電話をかけて欲しくない方や、メールで見積もりが欲しい方もいるはず。

そのような方には「SUUMO引越し見積もり」がオススメです。


SUUMO引越し見積もりは、人気の引っ越し業者に一括で見積もり請求ができるんですが、、、電話番号の登録が「任意」となっています。

そのため、一括見積もりサービスの登録後に、引っ越し業者から電話がかかってきて欲しくない方にはイチオシのサービスですよ♪

SUUMO引越し見積もり 公式サイトへ

最大50%OFF!引っ越し料金を安くしたいなら「引っ越し侍」

引っ越すときに最優先でやるべきなのが、引っ越し業者の予約です。

実は・・・同じ引っ越し内容でも業者によって料金は全然違うので、少しだけ時間をかけて料金を比べれば、簡単に引っ越し代を安くできます♪

・・・とはいえ、仕事やプライベート、引っ越し準備などで、複数の業者に見積もりを取る時間が作れないという方も多いはず。。。

そのような方には一括見積もりサービスの「引越し侍」がオススメ!

引越し侍には、大手業者から地域密着の業者まで全国310社以上の会社が登録されており、一度の登録で最大10社から無料で見積もりを取り寄せられます。

実際、これまでに引越し侍を利用した方は、なんと4,089万件!

なかには最大50%も料金が安くなったケースもあるんです。

引っ越し業者から見積もりを取るときには鉄板と言えるほど、大人気のサービスですので、これから引っ越し業者を探す方は、ぜひ利用することをオススメします♪

引越し侍 公式サイトへ

引っ越し業者からの電話が嫌なら「SUUMO引越し見積もり」

一括見積もりサービスの登録後には、引っ越し業者から電話がかかってきます。

ただ、なかには業者から電話をかけて欲しくない方や、メールで見積もりが欲しい方もいるはず。

そのような方には「SUUMO引越し見積もり」がオススメです。


SUUMO引越し見積もりは、人気の引っ越し業者に一括で見積もり請求ができるんですが、、、電話番号の登録が「任意」となっています。

そのため、一括見積もりサービスの登録後に、引っ越し業者から電話がかかってきて欲しくない方にはイチオシのサービスですよ♪

SUUMO引越し見積もり 公式サイトへ

引っ越し業者
シェアする
ヒロセユウヤをフォローする
【単身・一人暮らし向け】引っ越しのトリセツ